【都市文化創成基礎科目】映像文化論B ヌーヴェル・ヴァーグから見た映画史

講師:彦江智弘  (横浜国立大学開講授業「メディアと芸術A」)

日時:後期|隔週火曜16:20〜19:30

1950 年代後半にフランスで興ったヌーヴェル・ヴァーグはその後の映画の歩みに多大な影響を及ぼすと同時に、映画の過去とも密接に関係しています。本授業ではこのヌーヴェル・ヴァーグを起点に映画の過去と未来を再構築していきます。
- -
授業の進め方
授業ではいくつかの具体的な作品を取り上げて、ヌーヴェル・ヴァーグとの関係で論じていきます。またそうすることで、ヌーヴェル・ヴァーグを通して映画史を概括しながら、映画の可能性と問題性を認識することを目指します。
- -
履修にあたっての注意事項
授業では適宜映像資料を用いる予定ですが、場合によっては各自事前に作品を見ておいてもらうことがあるかもしれません。また、授業中に参加者に意見を求めることもあります。積極的な態度での参加が重要です。