【都市デザイン系ワークショップ科目】スポーツ都市・横浜

講師:中井邦夫(神奈川大学開講授業)

日時:前期月曜|10:30-12:00(初回5月10日)

横浜の都市の空間を、スポーツや運動、レクリエーションから考察し、計画案を制作する、リサーチ&プロジェクトのワークショップ。デンマーク王立芸術アカデミー建築大学・スポーツ建築センターのディレクター、レネ・クラル准教授の協力を予定。

現在スポーツや運動は、地域のコミュニティの核となる重要な要素として注目されています。豊かな地形や水辺空間に恵まれ、都心部にメジャーなスポーツ施設を有し、さらに多様な地域社会を抱え込んでいる横浜は、その全体が多種多様なスポールのフィールドといえるでしょう。本プログラムでは、そうした「スポーツ都市横浜」の潜在値からに着目し、様々な地域における特色あるスポーツの楽しみ方と、それを可能にする新しい空間にこだわったプロジェクトを提案することを目指します。

--
授業の進め方
受講生は下記の課題に沿って作業を進めます。毎回の授業は、各自の進捗状況の報告とディスカッションを主体とします。適宜中間締め切りを設けます。ここでのスポーツには、メジャー・プロスポーツのみならず、各種アマチュア・スポーツ、個人的運動、商業的スポーツ施設、健康増進、観戦対象としてのスポーツなど、あらゆる活動を含みます。
1)各自、横浜におけるスポーツ・運動に関する活動、およびその主体となっている団体、コミュニティを取り上げ、現地取材を主とするリサーチを行う。
2)上記のリサーチに基づき、取り上げた地域活動を活性化するプロジェクトの制作。
3)レネ・クラル氏を招いて最終プレゼンテーションとディスカッション。
4)プロジェクトとディスカッションをまとめた冊子の制作。

--
履修にあたっての注意事項
神奈川大学大学院の授業ですが、他大学の学生も受講可能です。ただし面談などで選考する場合があります。