【都市デザイン基礎科目】横浜インナーシティ論・公開議論(隔週)

0705インナーシティ論ポスター.jpg

横浜には、どんな地域をイメージされますか?

「みなとみらい」など、大規模な開発がなされた街、

「中華街」などの、他の地域にはみられない個性的な街と味、

「山下公園」「ベイブリッジ」などの海辺の景観・・・・。

横浜は開港からたった150年の歴史でありながら、

「港」を支えた人々、そして彼らの日々の暮らしがあります。

 

「インナーシティ (inner city) とは都心周辺に位置し、

住宅・商店・工場などが混在する地域を指します。

都市 (city) の内部 (inner) にありながらも、大規模な開発等はされず、

世帯が密集する職・住が重なる地域であり、

「都市内都市」や「都市内集落」とも呼ばれる地域です。

 

 

横浜では、「野毛」「寿町」「黄金町」などの地域が、

「インナーシティ」すなわち、

「都市ヨコハマ」の中の人々の生活の集合体とされています。

 

この授業では「都市」『ヨコハマ』における「inner city」を上げ、

その歴史、現状、そして将来について議論をいたします。

 

さて、今回は「元町」を題材に、

老舗「近沢レース店」代表取締役社長「近澤弘明」氏をゲストにお呼びし、

「元町」について、開港当時の西洋の技術を取り入れた職人の力、

震災、戦後の災害からの復興、「ハマトラ」ブーム、

そして、今後の元町・ヨコハマについてお話いただきます。

 

港「ヨコハマ」を支える高い技術、職人力。

 

そして、「ヨコハマ」という品の高い誇り。

 

「元町」を基に、横浜、これからのグローバルな時代へ進むべく、

熱い議論をいたしましょう!



http://kitanaka-school.net/event/2010/04/post-32.html