【都市文化創成基礎科目】アーバンポップ論C:京都とポピュラー文化
*受講締め切りました*

北仲スクール 都市文化創成基礎科目
アーバンポップ論C:京都とポピュラー文化
(京都精華大学大学院共通基盤科目「プロジェクトワーク演習1」)
コーディネーター:佐藤守弘(京都精華大学)


【授業概要】
「雅」、「わびさび」から「新しいもの好き」、果ては「いけず」等々、京都はさまざまな言葉で語られてきた。京都という街は、他のさまざまな都市と同様、まさに言説によって囲まれ、構築された都市であるといってもいいだろう。では、さまざまな京都イメージはどのように作られたのであろうか。それは現実の京都とどのように違うのだろうか。本講義では、都市・京都のポピュラー文化を手がかりに、都市文化の諸問題や可能性について考えることを目標とする。さまざまな専門の講師によるリレー講義で、マスメディア、マンガ、音風景、ポピュラー音楽など、幅広い問題を扱っていく。最終日には、ゲスト講師として、路上観察で知られる著述家/イラストレーターの林丈二氏を迎える。

【開講期間・講時】
夏期集中講義 2010年8月30日~9月3日:13時00分~17時50分

【授業計画】
初日:8/30(月) 担当:佐藤守弘
第1講 総論:京都とポピュラー文化
第2講 マスメディアにおける京都表象(1)
第3講 マスメディアにおける京都表象(2)

2日目:8/31(火) 担当:吉村和眞
第4講 マンガに描かれた京都(1)
第5講 マンガに描かれた京都(2)
第6講 ディスカッション(進行:佐藤)

3日目:9/1(水) 担当:小松正史
第7講 キョウト・サウンドスケープ(1)
第8講 キョウト・サウンドスケープ(2)
第9講 ディスカッション(進行:佐藤)

4日目:9/2(木) 担当:安田昌弘
第10講 ポピュラー音楽と都市空間(1)
第11講 ポピュラー音楽と都市空間(2)
第12講 ディスカッション(進行:佐藤)

5日目:9/3(金)
第13講 考現学と路上観察(講義:佐藤)
第14講 京都・路上観察(ゲスト講師:林丈二
第15講 ディスカッション(進行:佐藤)
*講師の担当日などは変更する場合がある
kitanka_H22_kyoto-seika.png


【講師プロフィール】
佐藤守弘(京都精華大学デザイン学部准教授)
コロンビア大学大学院修士課程修了。同志社大学大学院博士後期課程退学。博士(芸術学)。芸術学・写真史・視覚文化論専攻。論文に「郷愁のトポグラフィー」(『文化学年報』52輯)、「〈オールド・ジャパン〉の表象」(『映像学』71号)、「擬写真論」(『美術フォーラム21』20号)など。翻訳にジェフリー・バッチェン『写真のアルケオロジー』(青弓社)〔共訳〕などがある。

吉村和真(京都精華大学マンガ学部准教授)
立命館大学大学院博士後期課程単位取得退学。京都国際マンガミュージアム研究統括室長。専門は思想史・マンガ研究。主編著に『差別と向き合うマンガたち』(2007年)、『マンガの教科書』(08年)など。

小松正史(京都精華大学人文学部准教授)
京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程(作曲専攻)終了。大阪大学大学院工学研究科博士課程(環境工学)終了。博士(工学)。研究領域では、音響生態学(サウンドスケープ論)、環境心理学を専攻。京都タワー展望室をはじめとした公共空間の音環境デザインを行う。ピアノCD作品に『キョウトアンビエンス』『Life』等、 著書に『音ってすごいね』、(晃洋書房)『京の音』(淡交社)、『サウンドスケープの技法』(昭和堂)がある。映像音楽作品に『七夜待・予告編』(河瀨直美監督)等がある。

安田昌弘(京都精華大学人文学部准教授)
英レスター大学マスコミ研究所(CMCR)で日仏音楽産業の研究を行いPh.D.取得。10年以上に渡り欧州にて活動。訳書に『ポピュラー音楽理論入門』、『ポピュラー音楽をつくる』。共著に『ポピュラー音楽へのまなざし』など。

林丈二(著述家・イラストレーター)
武蔵野美術大学卒業。1986 年、赤瀬川原平、藤森照信らと路上観察学会を結成。マンホールの蓋、切符の切り屑、狛犬の尻尾などのユニークな観察/採集行為で知られる。著書に『マンホールのふた(日本編)』(サイエンティスト社)、『路上探偵事務所』(講談社)、『パリ歩けば』(河出書房新社)、『林丈二的考現学̶屁と富士山』(INAX出版)など多数。

【受講受付 終了】
受講予約が定員を超えましたので、受付を終了いたします。