【都市文化創成系公開講座】「写真」第2回: 12/17(金)19:00-21:00
トーク&スライドショー/大森克己&間部百合 ※終了しました

連続公開講座「写真」
そして世の中には写真に写らないものがある

第2回
2010年12月17日(金)19:00~21:00
トーク&スライドショー「ULTIMATE LEZCATION」
大森克己(写真家)& 間部百合(写真家)

北仲スクール3階大教室

今年度の北仲スクールでは写真をめぐる連続公開講座「そして世の中には写真に写らないものがある」を開催。写真家・大森克己をメイン講師に、毎回異なるゲストを招いてレクチャーやイベントを行います。もはや美術のみならず、我々の日常に欠かせない存在となった写真。さらにイメージの氾濫さえ経験するこの世界で、いま、いったい写真はどのような可能性を持つのか?

第2回目は、いま注目の若手写真家で、かつて大森氏のアシスタントも務めた間部百合さんを招き、トーク&スライドショーを開催します。親密さと強さが同居するポートレートを多く撮り、自らの手で写真集も制作する間部百合。彼女の言葉と写真は、生きること、写真を撮ることに欠かせない何かを我々に与えてくれるはずです。

公開講座vol2_omote_02.jpg


大森克己(おおもり・かつみ)
1963年神戸市生まれ。フランスのロックバンド " MANO NEGRA" のラテンアメリカツアーに同行して撮影したポートフォリオ "Good Trips, Bad Trips" が1994年、第3回写真新世紀ロバート・フランク賞受賞。主な写真集に 『サルサ・ガムテープ』(リトルモア)、『サナヨラ』(愛育社)、『encounter』『STARS AND STRIPES』『incarnation』『Bonjour!』(すべてマッチアンドカンパニー)など。YUKI『うれしくって抱きあうよ』、曽我部恵一『けいちゃん』などのCDカバーや 「BRUTUS」 「Switch」 などの雑誌でも活躍している。

間部百合(まなべ・ゆり)
1976年神奈川県生まれ。東京都在住。法政大学カメラ部出身。主な仕事として『THE TOKYO LOOK BOOK』(Koudansha International)の他、「BRUTUS」「ESQUIRE」「FOIL」「SNOOZER」「真夜中」などの雑誌、『空中庭園』『ホノカアボーイ』などの映画スチールでも活躍。また写真集「ULTIMATE LEZCATION」「野生のしこう」を自ら制作。2010年D&AD銀賞を受賞した「Nico Products Poster Campaign」の写真も担当した。
主な個展「ice」(21inc gallery)、「verge of break」(No.12 gallery)、「野性のしこう」(素人の乱12号店)

名前はない。いまだかつてあっただろうか? 他者がそう呼ぶ。その名前はフィットするか?
多分、現実問題よりも、溜まっている誰にも言ったことがなかった悩みの方が深い。
(そしてもう今や誰もそんなこと気にしていないみたいな)
やな奴っていいな。もっと近くに寄りたくて、遠かったから撮った、でも写真にしてもなおちょっと遠い感じがするなんていいじゃない。
時が過去にしてくれるのと同じか、もっと遠くなっている。わくわくしたい、わくわくすること交換したい。(間部百合)

予約不要 入場参加費無料
*第3回以降の詳細は後日チラシ、HP等でお知らせします。
http://photows.kitanaka-school.net/

企画責任:彦江智弘、平倉圭、榑沼範久(以上、横浜国立大学教授教員)
企画スタッフ:松井宏(北仲スクール事務局)