【H23前期・共通基礎科目】文化政策論

種別共通基礎科目
北仲スクール授業名文化政策論
開講時期前期
担当講師仲原 正治(横浜市立大学)
開講元大学・授業名北仲スクール独自科目
単位数
使用言語日本語
開講曜日5月31日から毎週火曜日
開講時間6・7限(18:00 - 20:00)
特記事項
授業の目的社会の中で、直接的な経済活動とはみなされていない文化芸術の持っている力が、どのような場面で必要になるのか。また、現在の閉塞感のある社会で、文化芸術の意義を様々な事例を通して学び、それを社会に還元する。
授業の概要前期は、社会的責任を持つ企業が、どのような歴史をたどり、その中で培った企業コンセプトで成長戦略を進めているのか。また、企業の理念に基づき、どのような社会貢献(CSR)を進めているのかを学ぶ。後期は、戦後の文化芸術の文化政策をたどり、創造都市(クリエイティブシティ)政策の現状、課題、実例等を現場見学をまじえて学ぶ予定。

(授業予定)
原則:火曜日の夜 18:00~20:00
1回目:5月31日(火)  ㈱資生堂
2回目:6月 7日(火)  日産自動車㈱
3回目:6月14日(火)  アサヒビール㈱
4回目:6月21日(火)  東急電鉄㈱
5回目:6月28日(火)  三菱地所㈱

企業人による講義:60分~90分
その後、質疑と討議(仲原と北仲スクール講師等が参加予定)
履修目標・到達目標文化芸術の事例や社会的影響を知り、検証することにより、人としての生き方を学ぶ。
授業方法基本的な知識の習得のための講義とともに、様々な専門家をゲストに、社会と文化芸術の関係性を議論する。
成績評価の基準前期・後期の講座のテーマに応じて、基礎的な知識や問題意識について、レポートの提出により評価する。
教科書特になし。
教科書補足
参考書1
参考書2
参考書補足
履修条件および関連科目
キーワード
備考1
備考2
参照ホームページ
教員からの一言
連絡先(メールアドレス)
連絡先(電話番号)
ホームページ