【H23前期・都市文化創成系基礎科目】アーバンポップ論A

種別都市文化創成系基礎科目
北仲スクール授業名アーバンポップ論A
開講時期前期
担当講師ササキバラ ゴウ(横浜国立大学 教育人間科学部)
開講元大学・授業名芸術環境論C
単位数
使用言語日本語
開講曜日木曜日
開講時間5限(17:00 - 19:00)
特記事項
授業の目的大衆メディアとして発達してきたまんがやアニメーションは、文化や社会ときわめて密接に関係している。我々が普段見たり読んだりしている作品は、それがあまりに日常的なものであるだけに、その背景や歴史性などには目が向きにくい。この講義では、そのように無自覚になりがちな「まんが・アニメを形作っている枠組み」としての環境や文脈を掘りおこして、それが現在の我々自身の問題とどのように関わっているのかを検討する。
授業の概要 1.まんがと視覚文化
2.まんがはどこから来たか
3.絵と絵の関係性
4.絵と現実
5.動きを表現すること
6.アニメーションはどこから来たか
7.絵の生成(1)
8.絵の生成(2)
9.初期映画と見世物文化
10.キャラクターはどこから来たか(1)
11.キャラクターはどこから来たか(2)
12.技術発達と表現
13.まんがとアニメーションの音
14.まんがとアニメーションのことば
15.反復について
履修目標・到達目標現在を知るための方法としての「歴史」の意義を知ること。そして、その方法を用いて現在の自分が生きている環境を自覚し、思考する力を養うことを目標とする。
授業方法まんがやアニメーションなどの作品を具体的に見て検討しながら講義を進める。
成績評価の基準出席5割、期末レポート5割の比率で評価する。
教科書
教科書補足授業内で指示する。
参考書
参考書補足授業内で指示する。
履修条件および関連科目なし。
キーワードまんが(comic),アニメーション(animation),メディア史(media history)
備考
参照ホームページ
教員からの一言まんが・アニメーションという身近なメディアを通じて、視覚文化を考える手がかりを探りたいと思います。
オフィスアワー原則として授業終了後の時間に質問等を受けつける。
連絡先(メールアドレス)
連絡先(電話番号)
ホームページ