「都市デザイン論B」9月29日(水)18時!いよいよ始まります!


【都市デザイン基礎科目】都市デザイン論B・公開講義(隔週)
初回日時:2010年9月29日(水)18時から
会場 :北仲スクール3階大教室 


【都市デザイン基礎科目】都市デザイン論B
講師:鈴木伸治 (横浜市立大学開講授業)

予定:後期|水曜18:00~19:30(変則隔週)

参加資格:学生、社会人など都市、デザイン、建築などを学びたい方

事前予約:不要

参加費:不要

横浜における都市デザインの実践は、日本、
そして世界の都市デザインの潮流とも密接に関係しています。
この講義では日本、そして横浜における都市デザインの歴史を
振り返りながら、その意義と可能性について考えていきます。
- -
授業の進め方:
横浜の都市デザインにおける様々なプロジェクトを担った
プランナーやデザイナーをゲスト講師に招きながら、
議論を進めていきます。
都市デザイン論Aとも連携させながら実施していきます。
- -
履修にあたっての注意事項
「都市ヨコハマをつくる」(田村明著、中公新書)を事前に読んでおいてください。

同時開催:

北仲スクールワークショップ「都市デザインの軌跡をたどる」を同時開催です

是非ご参加ください

<スタッフより>
横浜市の都市デザインのプロジェクトは40年を迎えます。
その間ご活躍されました
国吉直行先生(北仲スクール前期「都市デザイン論A」ご担当)や
都市デザインを実際に手掛けられた方々などから、
各々のプロジェクトの真髄、そして今後の横浜の展開等をお話いただきます。

みなとみらい、ベイブリッジ等の新たな都心、
関内や山手にみられる歴史的な地域、
港北ニュータウン等の緑豊かな住空間など、
横浜市は多様な表情をもつ、
暮らしやすく働きやすい都市ではないでしょうか。

この都市がつくられた背景、戦略、
そしてこれから、私たちが進むべきものとは。

みなさんとともに、これまでの横浜を学び、
新たな横浜をつくり出したいと考えています。