11/27【共通基礎科目・文化政策論】(北仲スクール@YCC)
ゲスト:小原啓渡氏(アートコンプレックス1928) ※終了しました

北仲スクール連続公開講座「文化政策論」
『アートと産業を結ぶ力』
Kitanaka_Culture-Politic-Theory_20101127-duck.jpg

一つの舞台作品を投資の対象として資金を集める、集客を促すためにチケット販売センターを運営するなど文化を活性化させる新たな経済システムを次々と編み出してきた小原啓渡氏。その実践を踏まえ、横浜でも即応用可能と思われるノウハウを詳細に語っていただきます。
 この講座は北仲スクール連続公開講座「文化政策論(全4回)」の第3回目として開催いたします。

・日時:2010年11月27日(土)14時から
・会場:ヨコハマ創造都市センター(YCC)3階スペース
・無料
・申し込み不要

・ゲスト:小原啓渡(こはら けいと)
1999年「アートコンプレックス1928」を立ち上げ、プロデューサーとして劇場プロデュースの他、投資家から出資を集め公演を行う「文化事業支援ファンド」を設立。造船所跡地をアートスペース「クリエイティブセンター大阪」に再生するなど、芸術空間の整備、既存建築の新たな活用を手掛ける。現在は、指定管理者として大阪市立芸術創造館の管理運営なども務め、さらには2010年の『TODAY'S TICKETS CENTER』設立も大きな話題を呼んでいる。
[アートコンプレックス]http://www.artcomplex.net/

・北仲スクール(横浜文化創造都市スクール):
横浜国立大学(代表校)・横浜市立大学・東京藝術大学・神奈川大学・東海大学・関東学院大学・京都精華大学の 7大学の共同事業によるサテライトスクール。「横浜文化創造都市スクールを核とした都市デザイン/都市文化の担い手事業」(文部科学省「平成21年度大学教育のための戦略的大学連携 支援プログラム」の採択をうけ、2010年4月から正規開校。
都市文化創成と都市デザインを二本柱にカリキュラムを構成し、公開講座、ワークショップ形式の講座などを開く。

企画:仲原正治(クリエイティブシティ・プロジェクトマネージャー)
主催:北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)
共催:ヨコハマ創造都市センター(YCC)[ 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
協賛:アサヒビール株式会社

問い合わせ:
北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)事務局
〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2 北仲BRICK 2階
電話:045-263-9075 
FAX:045-263-9076 
E-mail:info@kitanaka-school.net
http://www.kitanaka-school.net/