「マンガ・ミーツ・ルーヴル――美術館に迷い込んだ5人の作家たち」横浜巡回展
※終了しました

北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)では、2010年12月6日(月)から12月17日(金)まで、京都国際マンガミュージアム、およびフランスのルーヴル美術館との共催で、ルーヴル美術館をテーマに描き下ろされたフランス語圏のコミックス=バンド・デシネ(BD[ベーデー])シリーズを紹介する展覧会を下記の通り開催します。

本展は今年11月に京都国際マンガミュージアムで開催され好評を博した展覧会を、横浜に巡回する運びとなったものです。フランス・ベルギーのBD作家4名に加え、日本からは「ジョジョの奇妙な冒険」の作者でもある荒木飛呂彦氏が参加して話題になった同シリーズの原画等約60点を展示する展覧会となっております。

Kitanaka_MML-BankART_flyer-face.png Kitanaka_MML-BankART_flyer-back.png

1 開催日時  平成22年1日()~12月17日(金)
        午前11時30分~午後7時(最終日12月17日(金)は午後5時まで)

2 会  場  BankART Studio NYK231-0002 横浜市中区海岸通3-9)
        横浜みなとみらい線「馬車道駅」6出口[赤レンガ倉庫口] 徒歩5

3 展示趣旨・内容

(1)趣 旨

 フランスでBDは「第九芸術」と呼ばれ、日本のマンガとはまた異なった文化を発展させていますが、その現代の「芸術」に、"美の殿堂"として世界に冠たるルーヴル美術館が注目します。同美術館とフュチュロポリス社(出版社)が、共同で、BD界を代表する作家にルーヴル美術館をテーマにした作品を制作を依頼し、単行本として出版するというプロジェクトがそれです。今回のBD/マンガ作品では、作家による取材を元に、このルーヴル美術館を舞台にした物語が展開しています。
 本展は、こうして生まれた5人の作家による個性豊かな作品を、原画を中心にご紹介する展覧会です。これまでの「ルーヴル展」とは一味違う展覧会をご覧いただけます。

(2)内 容

 BD界で著名な4人の作家に加え、このプロジェクトに、「ジョジョの奇妙な冒険」などで異彩を放つ大人気マンガ家・荒木飛呂彦氏が参加したことは、海外における日本マンガの広がりを象徴する出来事として、世界的なニュースとなりました。
 荒木氏を含む5人のBD/マンガ作家の華麗なる競演をお楽しみください。

<出展作家「作品名」>

①ニコラ・ド・クレシー「氷河期」
②マルク=アントワーヌ・マチュー「レヴォリュ美術館の地下」
③エリック・リベルジュ「奇数時間に」
④ベルナール・イスレール「ルーヴルの上に広がる空」
⑤荒木飛呂彦「岸辺露伴 ルーヴルへ行く」 

<出展物>

◆  作品原画(彩色前の下書き、彩色された完成品。一部複製)約60
  コンピュータによって最終処理された作品のスライドショー
  それぞれの作品・作家等の解説パネル
  「ルーブル・シリーズ」を含むBD単行本 *手にとって読むことができます

4 観覧料  無料

5 主催等

(1)主催    北仲スクール 京都国際マンガミュージアム ルーヴル美術館
(2)協力    BankART1929
(3)特別協力  フュチュロポリス