【開講案内】「都市デザイン連続講座」(都市デザイン論A/B番外編)

「都市デザイン連続講座 vol.2」(都市デザイン論A/B番外編)

→シラバス情報】担当講師:鈴木 伸治(横浜市立大学/横浜市創造都市アドバイザー)


横浜市の都市デザインへの取り組みは、1971年の都市デザインの担当設置から数えて、40年目を迎えました。
北仲スクールではこの40年の取り組みを振り返ることから、横浜における都市デザインはどのような意義をもち、そして今後どのように進んで行くべきかという観点から連続講座を開催しました。
ゲスト講師に当時のプランナー、都市デザイン担当者を迎え、彼らが何を考え、どのような戦略を持って仕事を進めて来たのか。こうした担当者の声をダイレクトに聞くことで、都市デザインの実像に迫ることは、今後の都市デザインを考える上でも貴重な機会となりました。
その続編として、5回にわたる都市デザイン連続講座vol.2を今回開催しますので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

【概要】
横浜市の都市デザインの主体は市民や民間プランナー等が中心となり、行政の他に多くの人の手によってつくられている。これらは各地の個性や歴史を捉え、その地域らしいまちづくりが展開する。

【目的】
市民が主体となる「まちづくり」、「水と緑」などのテーマによるまちづくりなど、様々な手法のまちづくりについて民間のプランナー等を向かえ、都市デザインについて考察する。

【講座の方式】
様々な手法のまちづくりについて、民間のプランナーを向かえ都市デザイン、そして個性豊かな地域を考察する。
本講義は「都市デザイン論A」「都市デザイン論B」に付随し、都市の「横浜」の理解を深める講義である。
※参加無料/事前申込不要

【日程】
 6月 1日 「80年代の都市デザインを振り返る」 鈴木伸治(横浜市立大学)
 6月 8日 「民間都市デザイナーから見た横浜の都市デザイン1」 菅孝能(山手総合計画研究所)
 6月15日 「都市デザインと市民参加」 綱河功(横浜市環境創造局)/賀谷まゆみ(市民局地域活動推進課)
 6月22日 「水と緑の都市デザイン」 宮澤好(元横浜市都市デザイン室)
 6月29日 「民間都市デザイナーから見た横浜の都市デザイン2」 山路清貴(山路商事)

【時間】
 第6・7限18:30~20:30+α

【開講場所】
 北仲スクール3F大教室

H23_CDT-SL_Flyer-thumb.gif