9/3(土)【アートとコミュニティVol.3】公開ミーティング「異なる場所。同じときに」
※終了しました

黄金町バザール2011 [8/6-11/6] 関連/H23創造界隈形成プロジェクトWSイベント)
  北仲スクール連続講座「アートとコミュニティVol.3:日本」
Kitanaka School Lecture Series "Art and Community"

  公開ミーティング 「異なる場所。同じときに」
〜社会的実践としてのアート 新しい枠組みを求めて〜
  Open Meeting 「Other Places. At the Same Time」
~Art Projects as a form of social practice Exploring the alternative frameworks~

 公開ミーティング『異なる場所。同じときに』は、
アジアの諸地域で活動するアーティストやコーディネーターが集まり、
社会的問題に取組むアート活動について考えます。
現在各地で進行しているプロジェクトを検証しながら、
コミュニケーションの方法や教育の問題、
都市との関わりをテーマに、コミュニティとアートの関係について議論します。

 'Other Places. At the Same Time' brings together a number of artists and organizations across the Asian region that are involved in art projects that can be broadly defined as a form of social practice.
Through this forum, we hope to be able to consider some of the discursive frameworks that artists and collectives have been exploring beyond the redemptive model of 'art and community' discourse, offering alternative ways of thinking about how we work with a specific group of people.
In the process, the symposium touches on alternative aesthetic and cultural vocabularies to help us understand the potential impact and possibilities in collaborative, participatory, dialogical and socially engaged models of art.


このシンポジウムは、NPO法人黄金町エリアマネジメントセンターと
北仲スクールの共同事業として開催いたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【日時】 2011年9月3日(土)

【タイムテーブル】
 Session 1_11:00 - 13:00
  コミュニティ2.0:現代アートにおけるテクノロジーと社会的実践
  "Community 2.0: Technology and Social Practice in Contemporary Art"
 Session 2_14:00 - 16:30
  教育的価値?創造性としての学び
  "Educational Value? Learning as Creativity"
 Session 3_17:00 - 19:00
  アーティスト vs 都市の風景
  "The Artist vs the Urbanscape"

【会場】
 高架下新スタジオ・集会場(横浜市中区黄金町1-2)
 http://koganecho.net/koganecho-bazaar-2011/info/pickup01.html
20110903_map.png

【参加費】 黄金町バザール2011パスポート(¥500)


Session1_11:00 - 13:00

~コミュニティ2.0:現代アートにおけるテクノロジーと社会的実践~
"Community 2.0: Technology and Social Practice in Contemporary Art"

ウェブ2.0と総称されるテクノロジーやユーザーフレンドリーな技術がもたらした、新しいコミュニケーションの方法は、私たちの日常体験にも影響を及ぼしています。
こうした科学的な知識は、ニューメディア・アートといった分野だけでなく、公共と関わりを持ちながらプロジェクトを展開するアーティストにとっての表現手段としても応用されています。
このセッションでは、秋葉原からインターネットの画像掲示版まで、様々なテクノロジーの構造を利用した、日本のアーティストの先駆的な表現方法とその実践について検証します。

・サイモン・スーン(キュレーター,アートライター)
・黒瀬陽平(美術家・美術評論家、カオス*ラウンジ代表)
・太田エマ(インディペンデント・アート・コーディネーター)

Consider how Web 2.0 technology has created new relational and communication structure, or how our everyday experiences are facilitated by user-friendly technology. The intersection between art and technology has not only been articulated within the sphere of new media art practice. The application of scientific knowledge for practical purpose also see artists engage, imagine and represent with the public through different technological structures. This session will consider a number of artistic practices and their methodological processes in Japan, focusing on innovative arenas of engagement from the streets of Akihabara to the internet imageboard.

・Simon Soon (Curator, Art Writer)
・Yohei Kurose (Artist, Art Critic, Representative of Chaos*Lounge)
・Emma Ota (Independent Art Coordinator)


Session2_14:00 - 16:30

~教育的価値?創造性としての学び~
"Educational Value? Learning as Creativity"

アートや視覚文化をツールに批評的な対話を促す試みを、文化的・政治的文脈を横断しながら検証します。情報の発信方法やその共有方法を焦点におきながら、アーティストや専門家がどのように公共と向かい合おうとしているか、また彼らの活動に公共的な価値があるのかなど、アーティストの実践から、新しい教育の形や考え方について議論します。

・山野真悟(黄金町エリアマネジメントセンター)
・フェルディアンシャ・タジーブ(KUNCI Cultural Studies Center ディレクター)
・ティ・チン・グゥエン(インディペンデント・フィルムメーカー / ビデオアーティスト)
・サンティパープ・インコン=ガム(アーティスト)
・小川智紀(NPO法人STスポット横浜 副理事長)

This session will consider how art professionals and artists consider art as a tool for alternative education and thinking. It reflects the broader use of art and visual culture in the process of initiating critical dialogue across a number of different cultural and political contexts. Central to the discussion will be distribution and sharing resources as a form of engagement. More importantly, seeking to question the idea of education and how it can be of value to the public, our speakers will invite audience to reimagine what other forms of learning and teaching can be.

・Shingo Yamano (Koganecho Area Management Center)
・Ferdiansyah Thajib (Executive Director at KUNCI Cultural Studies Center)
・Thi Trinh Nguyen (Independent Filmmaker / Video Artist)
・Santiphap Inkong-ngam (Artists)
・Tomonori Ogawa (Deputy Executive Secretary at ST Spot Yokohama)


Session3_17:00 - 19:00

~アーティスト vs 都市の風景~
"The Artist vs the Urbanscape"

最後となるこのセッションでは、アートと都市の関係を探ります。今日、世界人口の過半数以上が都市に密集しています。東京のような人口過密の中にも秩序が保たれている都市、マニラのような混沌と不規則に拡大する都市など、「街」はアーティストの想像力をかき立て、刺激を与え続ける存在であり、アーティストはアートの実践によって都市の風景と向かい合おうと試みます。こうしたアーティストの活動は私たちの都市生活や体験を、改めて考えるきっかけとなるでしょうか?コンクリートジャングルの中で、生活する個々人の役割や境遇を理解する鍵となるような、戦略やひな形をアーティストの活動に発見することはできるでしょうか?

・鈴木伸治(アーバンプランナー、横浜市立大学准教授)
・ジュー・ヨン・リー(アーティスト)
・小田井真美(アーカスプロジェクト ディレクター、Sapporo2 Project実行委員長:AIRおたく)
・マーク・サルヴァトゥス(アーティスト)

This session concludes our discussion program by exploring the relationship between art and urbanism. More than half of our world's population reside in an urban environment. Whether it is the crowded yet orderly metropolis of Tokyo or the chaotic growth of Manila's sprawl, for many artists, the city remains a muse and inspiration that they hope to address through their art practice. How can artists contribute critically to the discussion of how we inhabit and experience urban space? What strategies and models can artists deploy to understand our role and place within the concrete jungle?

・Nobuharu Suzuki (Urban Planner, Associate Professor At Yokohama City University)
・Joo Young Lee (Artist)
・Mami Odai (Director at Arcus Project, Head of Executive Committee at Sapporo2 Project : AIR Geek)
・Mark Salvatus (Artist)



【主催】
 北仲スクール
 NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター
 Koganecho Area Management Center, Kitanaka School

【企画コーディネーター】
 サイモン・スーン simon soon

【URL】
(北仲スクール)
 http://kitanaka-school.net/news/2011/09/20110903-artcom-openlecture-vol3.html
(黄金町バザール)※黄金町マネジメントセンター
 http://www.koganecho.net/koganecho-bazaar-2011/