<9/3(土)黄金町イベントをはじめ、トリエンナーレ期間中の横浜で学ぶ!>
Mail News Vol.32 (2011.09.01)

°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°
_■■
■□□ 北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)    Mail News Vol.32
_□□ http://kitanaka-school.net/             2011.09.01
+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+


≪横浜で育つ、都市・ひと・未来≫

北仲スクールでは9月、ヨコハマトリエンナーレ2011と関連した各種講座や、
アジア規模の公開ミーティングが催されます。
トリエンナーレ真っ最中の横浜で、アートと都市について考えてみませんか?


※ご不要の方は、お手数ですが info@kitanaka-school.net  までお知らせ
ください。

≪北仲スクールブログ「キタナカな」更新中!!≫
 http://kschool.exblog.jp/
北仲スクールスタッフが授業や日々の北仲スクールの様子を投稿しています!
日々の授業やイベントの舞台裏を知りたい方は是非のぞいてみてください☆



■1□ KITANAKA INFORMATION □■■□□


★★≪ 09月03日 【アートとコミュニティVol.3】
            公開ミーティング「異なる場所。同じときに」 ≫★★

公開ミーティング「異なる場所。同じときに」は、8/6から11/6まで開催中の
「黄金町バザール2011」の中で、アジアの諸地域で活動するアーティストや
コーディネーターが集まり、社会的問題に取組むアート活動について考えます。
現在各地で進行しているプロジェクトを検証しながら、コミュニケーションの
方法や教育の問題、都市との関わりをテーマに、コミュニティとアートの関係
について議論します。
  http://kitanaka-school.net/news/2011/09/20110903-artcom-openlecture-vol3.html

【日 時】 2011年9月3日(土)11:00 - 19:00

【タイムテーブル】
Session 1_11:00 - 13:00
 〜コミュニティ2.0:現代アートにおけるテクノロジーと社会的実践〜
 ・サイモン・スーン(キュレーター,アートライター)
 ・黒瀬陽平(美術家・美術評論家、カオス*ラウンジ代表)
 ・太田エマ(インディペンデント・アート・コーディネーター)
Session 2_14:00 - 16:30
 〜教育的価値?創造性としての学び〜
 ・山野真悟(黄金町エリアマネジメントセンター)
 ・フェルディアンシャ・タジーブ
  (KUNCI Cultural Studies Center ディレクター)
 ・ティ・チン・グゥエン
  (インディペンデント・フィルムメーカー / ビデオアーティスト)
 ・サンティパープ・インコン=ガム(アーティスト)
 ・小川智紀(NPO法人STスポット横浜 副理事長)
Session 3_17:00 - 19:00
 〜アーティスト vs 都市の風景〜
 ・鈴木伸治(アーバンプランナー、横浜市立大学准教授)
 ・ジュー・ヨン・リー(アーティスト)
 ・小田井真美(アーカスプロジェクト ディレクター、
        Sapporo2 Project実行委員長:AIRおたく)
・マーク・サルヴァトゥス(アーティスト)

【会 場】 高架下新スタジオ・集会場(横浜市中区黄金町1-2)
 http://koganecho.net/koganecho-bazaar-2011/info/pickup01.html
【参加費】 黄金町バザール2011パスポート(¥500)

【主催】 北仲スクール
     NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター
     http://www.koganecho.net/koganecho-bazaar-2011/
【企画コーディネーター】
 サイモン・スーン


★★≪ 09月07日 - 28日 北仲スクール連続講義@「新・港村」
  「トリエンナーレからトリエンナーレまで」 【受講申し込み受付中!】 ≫★★

北仲スクール代表・室井尚は、2001年の第一回横浜トリエンナーレに全長50m
の巨大バッタのバルーンを含む複合的アート「The Insect World」を、椿昇と
共に出品しました。
今回の連続講義では、第一回目で新編集のメイキングビデオを公開するほか、
多彩なゲストをお迎えして、2001年から2011年までの横浜トリエンナーレに
ついて、さまざまな角度から切り込んでいく連続講義です。
  http://kitanaka-school.net/news/2011/09/yokotori2011-shin-minatomura.html

【要事前申込: info@kitanaka-school.net 】
※入場無料(カンパ歓迎、物販もあります)
※4回を通しての受講を原則とします

【日時・内容】
講師:室井尚(北仲スクール代表/横浜国立大学教授)

9月7日(水)19:30 - 21:00(1回目)
 「インセクト・ワールドと横浜トリエンナーレ2001」
  ゲスト:佐藤守弘(京都精華大学准教授)

9月14日(水)19:30 - 21:00(2回目)
 「ポーランド現代アートとクシシュトフ・ヴォディチコ」
  ゲスト:加須屋明子(京都市立芸術大学准教授)

9月21日(水)19:30 - 21:00(3回目)
 「大型国際美術展とは何か?」
  ゲスト:吉岡洋(京都大学教授/第一回京都ビエンナーレ ディレクター)

9月28日(水)19:30 - 21:00(4回目)
 「アートにどんな役割が残されているか?」
  ゲスト:河本信治(美術史/京都国立近代美術館)

【場所】(全て)新港ピア/新・港村
( http://yokohamatriennale.jp/special_program/index.html#special01 )
【主催】北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)


★★≪ クシシュトフ・ヴォディチコ「アートと戦争2011」(08月07日 - 09日)
    国際シンポジウムのUstream中継・録画映像で公開されています!≫★★

大盛況のうちに終わった「クシシュトフ・ヴォディチコ アートと戦争」。
その国際シンポジウムの模様が、Ustream中継の録画映像で公開されています。
ポーランド出身の世界的アーティストであるヴォディチコを中心に集った国内外
の美術評論家、人類学者、哲学者、心理学者、ジャーナリスト、アーティスト等
多数のパネリストによる、白熱した議論の様子をどうぞご覧ください!(下記の
URLからご覧いただけます。)
 http://www.ustream.tv/channel/kitanaka-school/videos

また、続く8/11にせんだいメディアテーク「考えるテーブル」にて行ったトーク
ショーとプロジェクションについては、以下のサイトでUstream中継の録画映像
が公開されております。
 http://recorder311.smt.jp/movie/3959


★★≪ 09月27日 - 10月25日
 「クリエイティブシティとヨコハマトリエンナーレ」(まち案内ツアー) ≫★★

8/6から11/6まで、「まちに広がるトリエンナーレ」として開催されている、
ヨコハマトリエンナーレ2011。都市デザインと「クリエイティブシティ」の事業
を実践している、横浜市。
このツアーでは、トリエンナーレ、都市デザイン、クリエイティブシティ、
の3つをキーワードに、横浜の魅力を探求します!

【日 程】
9月27日(A)、10月4日(B)、10月11日(A)、10月18日(B)、10月25日(A)
(A)黄金町ルート /(B)新・港村ルート

【開催時間】 13:30 - 17:00
【募集人員】 各回 15名程度
【参 加 費】 トリエンナーレ・チケット持参者は無料
      (当日チケット代1,800円[学生1,200円])
【案 内 人】 北仲スクール・コーディネータ 仲原正治
【 行 程 】
 13:15 北仲スクール集合
 →クリエイティブシティとは(説明者:仲原) 
 →YCC(Yokohama Creativecity Center)+北仲スクール 見学
 →BankART Studio NYK(横浜トリエンナーレ鑑賞)
 →クリエイティブツアー[(A)黄金町バザール、又は(B)新・港村 を鑑賞 し、解散 ]
※当日は、歩きやすい靴でご参加ください。
※なお、チケットで後日、横浜美術館のトリエンナーレ作品が鑑賞できます。

【申し込み先】YCC[ http://www.yaf.or.jp/ycc/contact/index.php ]


★★≪ 10月02日 京都精華大学シンポジウム
        「都市のなかのミュージアム、アート、そして大学」 ≫★★

都市と深い関わりを持って歩んできたミュージアム、アート・イヴェント、
大学といった文化装置は、現代では、都市とどのような関係を取り結んでいる
のでしょうか。本シンポジウムでは、京都における京都国際マンガミュージアム、
横浜におけるヨコハマトリエンナーレ、そして京都精華大学を含む7大学の
連携事業「北仲スクール」という3つの新たな事例を取り上げ、都市における
文化装置の可能性という問題に関して討議します。

【日 時】 2011年10月02日(土)14:00〜
【場 所】 北仲スクール
【パネリスト(予定)】
 吉村和真(京都精華大学准教授/京都国際マンガミュージアム研究室長)
 仲原正治(横浜市文化観光局創造都市研究課)
 室井尚(横浜国立大学教授/北仲スクール代表)
【コーディネーター】
 佐藤守弘(京都精華大学准教授)
【参加費・事前申込】 不要
※当日は、本シンポジウムの前に、北仲スクールH23後期授業ガイダンスも
 開催予定です。



■2□ LECTURE / WORKSHOP  □■■□□


★★≪ 夏期集中のワークショップ・講義科目が開催中です!! ≫★★

8月26日から幅広い参加者が集って開講しており、明日9月2日(金)に
最終講評会(参加自由)を迎える、都市デザイン系夏期集中ワークショップ科目
第2回「横浜ハーバーシティ・スタディーズ」。
(本年度プログラム・ディレクター:藤村龍至氏[東洋大学専任講師])
 http://kitanaka-school.net/news/2011/09/h23-yhcs-final-review.html

9月5日から9日まで京都側・横浜側の参加者が共に、マンガや音楽、音風景など、
都市のポピュラー文化について、今年は特に開催中のヨコハマトリエンナーレも
事例として、学び、考察する都市文化創成系基礎科目「アーバンポップ論C」
(※受講の申し込みは既に〆切らせて頂きました)
 http://kitanaka-school.net/news/2011/09/h23-upc-entry.html

など、夏季期間の北仲スクールは、授業科目も盛り上がっています!



■3□ KITANAKA TOPICS  □■■□□


★★≪ 北仲スクール発「エリアワンセグ」放送 準備中!! ≫★★

「北仲スクール・映像ACTプロジェクト」(東海大学/水島久光教授)では、
今年度の活動の一環として、携帯電話等の移動体ワンセグ受信器で視聴できる
「エリアワンセグ"放送"」=「"北仲カレッジワンセグ放送"(仮称)」
の実験放送を、この夏〜秋にかけて開始すべく準備を進めています。
これは、7月24日に地上波TVアナログ放送が終了した(予定)後に生じる
電波の空き帯域、いわゆる"ホワイトスペース"の効果的活用のため総務省が
公募したエリアワンセグ実験放送の免許申請にテレビ神奈川(tvk)のサポート
のもと応募しているもので、関内、野毛、黄金町、伊勢佐木町など(予定)を
フィールドに、人の流れや街の風景をデザインする新たな地域限定放送波の
活用についての実験に取り組む予定です。
現在、「北仲スクール・映像ACTプロジェクト」のワークショップ科目授業
を中心に、活用方法、コンテンツ企画について検討中です。
興味のある方はぜひ、ワークショップへご参加ください。

 お問い合わせ:北仲スクール 映像ACTプロジェクト 兼古・椋本・小河原
 kkaneko@kitanaka-school.net


★★≪ 過去のフィルムから日本の忘れ去られた姿をみる
              ―「パテ・ベビー研究プロジェクト」 ≫★★

ワークショップ科目「北仲スクール・映像ACTプロジェクト」
(東海大学/水島久光教授)では、関連する活動の一環として、
「パテ・ベビー(9.5mmフィルム)研究プロジェクト」を行っています。
情報をお寄せ頂ければ幸いです。
 http://pathe.kitanaka-school.net/



■4□ KITANAKA GUIDE □■■□□


★★≪ 公開講座、基礎科目授業、ワークショップの参加方法 ≫★★

北仲スクールで開かれている授業やイベントは、一部の連携大学の正規授業や
特別企画を除き基本的に、無料でご参加いただけます。
(但し、募集期間や締め切りを設けているものもございます)。
詳しくは事務局にお尋ねください。


※このメールニュースは、北仲スクールの活動を通して連絡先を交換させて
いただいた皆様、参加7大学関係、お問い合わせ・資料ご請求をいただいた
皆様にお送りしています。
※このメールニュースは【転送歓迎】です。北仲スクールからの直接の配信を
ご希望の方も info@kitanaka-school.net  までお知らせください。


+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+
※北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)とは
横浜国立大学(代表校)・横浜市立大学・東京藝術大学・神奈川大学・東海大学
・関東学院大学・京都精華大学の 7大学の共同事業によるサテライトスクール。
「横浜文化創造都市スクールを核とした都市デザイン/都市文化の担い手事業」
(文部科学省「平成21年度大学教育のための戦略的大学連携 支援プログラム」
の採択をうけ、2010年4月から正規開校。
都市文化創成と都市デザインを二本柱にカリキュラムを構成し、公開講座、
ワークショップ形式の講座などを開く。

※このメールニュース・北仲スクールに関するお問い合わせは
 北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)事務局
〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2
電話:045-263-9075 Fax:045-263-9076
E-mail: info@kitanaka-school.net
+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+