【10/29(土)・10/30(日)】「日本シルクロード学びあい講座・港都横浜編」
 ~信州との交易史から横浜を捉える~ 開催のお知らせ(10/20更新) ※終了しました

日本シルクロード学びあい講座・港都横浜編
~信州との交易史から横浜を捉える~

kitanaka_20111029-30_3.jpg kitanaka_20111029-30_4.jpg
▲笠原工業常田館製糸場・5階建繭倉  ▲旧上田蚕糸専門学校講堂(信大繊維学部)

 北仲スクールが利用している建物「旧帝蚕倉庫」はその名の通り、当時の主要な輸出品だった「生糸」の品質検査と各地から出荷された「生糸」の保管を行う機関でした。
 各地と横浜、すなわち現在の北仲スクールを結ぶ交通網は「シルクロード」とも呼ばれ、八王子、群馬、長野などとつながっていました。
 横浜市域を含めて、今も各地には当時の歴史的な建築物をはじめゆかりの文化がみられ、今回は、「信州上田」との交流をテーマに、「シルクロード」の一つである長野県上田と横浜のつながり、歴史についての講座、さらに横浜にみる「上田」ゆかりの地を巡るまちあるきを開催いたします。
 また、11月26日(土)、27日(日)には、横浜から上田への見学ツアーを開催予定です。


主催 蚕都上田プロジェクト
協力 北仲スクール
日程 10/29(土)~10/30(日)
会場 北仲スクール

 申込:事前申込の必要はございませんが、人数の確認のため、
    ご参加の旨ご連絡にご協力下さいませ
 ・「氏名」「当日の連絡先」「電話」「mail」「参加日」につきまして、
   Email 電話、FAXにてご連絡ください。

【受付:北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)事務局(スタッフ 中川)】
 〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57ー2 北仲BRICK 2階
 電話:045-263-9075 FAX:045-263-9076 E-mail: silk@kitanaka-school.net


<講座1日目>10月29日(土)
13:30~17:30 講義「横浜と信州の交易」会場:北仲BRICK
(1)新しい地域学習のすすめ
 講師:水島久光(東海大学教授)、前川道博(長野大学准教授)
(2)横浜開港と生糸貿易
 講師:小泉勝夫(元シルク博物館部長)
(3)信州の古文書から解明される上田・横浜の貿易
 講師:阿部勇(上田歴史研究会会長)
(4)横浜まちあるきの見どころと楽しみ方
(夜:交流会)

<講座2日目>10月30日(日)
9:00~12:00 まちあるき1:馬車道ルート
 ※鉄道開通前の生糸ルートに沿った道筋をまちあるき
13:00~15:00 まちあるき2:汽車道ルート
 ※鉄道開通後の生糸ルートに沿った道筋をまちあるき



【予告】日本シルクロード学びあい講座2 蚕都上田編

 学びあい講座2では、生糸交易の後背地・信州上田を訪れ、上田の受講生と共に蚕都上田の過去・現在・未来を訪ねます。上田は、蚕糸王国日本の隆盛を蚕種製造で支え(生産量は日本一)、製糸でも有数の生産量を誇りました。そこに日本の生糸を世界一にした知識基盤、技術イノベーションなどを見てとることができます。本講座では、古い蚕糸業の文化遺産を訪ねるとともに、産業の温故知新を探ります。
 港都横浜編同様、受講生の皆様には探訪した先々の様子をデジカメで撮って発信することができます。講座ではそのお手伝いをします。


主催 蚕都上田プロジェクト
協力 北仲スクール
日程 11/26(土)~11/27(日)
※時間や費用などの詳細は後日、発表いたします

※プログラム日程は暫定のものです
●第1日 11/26(土)
「講義、文化遺産めぐり」(「笠原工業」)
○第1部 講義 会場:信州大学繊維学部講堂
・講義「蚕都上田の温故知新」 新津新生氏(上田小県近現代史研究会)
・講義「古文書から見える蚕都上田」 阿部勇氏(上田歴史研究会)
○第2部 文化遺産めぐり1

※宿泊は別所温泉

●第2日 11/27(日)
「文化遺産めぐり」
○第1部 文化遺産めぐり2
・塩尻公民館集合
・塩尻地区の蚕種製造民家群(蚕室とお庭拝見)
・藤本蚕業歴史館
・桑園の段々畑 世界一の蚕種を育んだ千曲川の自然環境
・柳町~萬伍の蔵、池波正太郎真田太平記館



**************
横浜と信州のつながりのご紹介
**************

「信州と横浜のつながりを探る他のルート」
・神奈川宿→横浜道→吉田橋→北仲BRICK
 ※見どころ:横浜道の起点(浅間町交差点付近)、野毛切り通し、吉田橋
 ※幕末から明治期にかけて、舟運で倉賀野河岸経由で運ばれた生糸は神奈川宿で陸揚げされ、横浜道を通って関内に入った。
関内地区には「上田町」(現在の中区山下町周辺)があり、その他にも「九州町」などもありました。
●幕末期~鉄道が通る前まで
・定期航路開設前
 信州上田→北国街道→追分→中山道→(以下舟運)倉賀野河岸→利根川→江戸川→江戸湾→神奈川宿(以下陸路)→横浜道→吉田橋→埠頭
・定期航路開設後
 信州上田→北国街道→追分→中山道→(以下舟運)倉賀野河岸→利根川→江戸川→江戸湾→港の倉庫→埠頭
●鉄道が開通後
・帝蚕倉庫ができる前
 信州上田(上田駅など)→桜木町駅(旧横浜駅)→引き込み線→埠頭
・帝蚕倉庫ができた後
 信州上田→桜木町駅(旧横浜駅)→引き込み線→帝蚕倉庫→生糸検査所→埠頭

かつてのシルクロードの拠点であった「旧帝蚕倉庫」すなわち北仲スクールのこの建物そして横浜から、かつての歴史、文化、そして人々と経済、世界とのつながりを、21世紀の文化、技術を用いて、新たなコミュニティへと作り上げていきたいです。
「シルクロード」を通した新たなつながりへ、是非ご参加ください。