<韓国演劇の国際シンポジウムや、学生ワークショップ成果展など、年末も続々イベント開催!!>Mail News Vol.35 (2011.12.08)

°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°。°
_■■
■□□ 北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)    Mail News Vol.35
_□□ http://kitanaka-school.net/              2011.12.8
+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+


≪横浜で育つ、都市・ひと・未来≫

北仲スクールでは、年末にふさわしい豪華な公開イベント・シンポジウムを
続々企画しています!
どうぞ足をお運びください。


ご不要の方は、お手数ですが info@kitanaka-school.net  までお知らせ
ください。

≪北仲スクールブログ「キタナカな」更新中!!≫
 http://kschool.exblog.jp/
北仲スクールスタッフが授業や日々の北仲スクールの様子を投稿しています!
日々の授業やイベントの舞台裏を知りたい方は是非のぞいてみてください☆



■1□ KITANAKA INFORMATION □■■□□


★★≪ 12月19日(月) シンポジウム『韓国演劇の現在』
        ( 全州大学 演劇専攻 日本公演『胎(テ)』 ) ≫★★

☆韓流スターたちがみせる演技力、それを支える韓国の演劇事情とは!☆

ますます日本に定着してきた韓流ドラマ。
しかし、韓流スターの誰もが大学で演技を学んでいることは、意外と知られて
いません。彼らの演技力の高さ──。
実はそれを支えているのが、韓国における演劇教育のシステムです。日本とは
違い、韓国では大学で演技を学ぶことが当たり前に行われています。修士まで
持っている人や、売れっ子であれば大学を休学中という人気俳優もいます。
韓国の演劇教育について、日韓の演出家や評論家が紹介するシンポジウムです!

【日時】2011年12月19日(月) 18:00~
【場所】北仲スクール3階
【パネリスト】西堂行人(演劇評論家)
       朴炳棹(パク ピョンド)(演出家、全州大学教授)
       金守珍(劇団新宿梁山泊代表)
       室井尚(北仲スクール代表)

++全州大学校 公演エンターテイメント学科演劇専攻 日本公演++
 シンポジウムの後には、未来の韓流スターたちが見せるハイレベル
 のパフォーマンスに実際にふれてみましょう。
 韓国国内でもトップクラスを誇る「全州大学演劇専攻科」による、
 日本公演です!

【期間】2011年12月21日(水) 18:30 / 22日(木) 16:00
【場所】早稲田大学 小野記念講堂
【料金】無料
【作】呉泰錫(オ テソク)(韓国国立劇場国立劇団芸術監督)
【演出】朴炳棹(パク ピョンド)(全州大学 エンターテイメント学科教授)
【キャスト】全州大学 エンターテイメント学科 演劇専攻科
【スタッフ】全州大学 エンターテイメント学科 演劇専攻科
      協力:新宿梁山泊、横浜国立大学、劇団唐ゼミ☆

 http://kitanaka-school.net/news/2011/12/jeonju-sympo.html


★★≪ 12/19(月) シンポジウム「映画美術のつくりだす「世界観」について」
  (都市文化創成系WS科目「映画美術ワークショップとシンポジウム」) ≫★★

~特撮再考~
 映画・映像は、人間の錯覚によって成立する点において手品的だと言えます。
撮影現場においてスタジオ・セットは作品世界の一部を具現化したものであり、
観客が目にするのは、着色されたベニヤ板ではなく頑丈な壁、模型ではなく本当
の建築物です。しかし今日、画像処理技術の発展に伴い、現実を根拠とせずとも、
かつて以上に「現実的」な映像を達成できるようになりました。本シンポジウム
では、こうした変化とそこから生まれる問いに関して、11/15~20に行った
ワークショップの報告をもとに議論を行いたいと思っています。

【とき】平成23年12月19日(月曜日)19時より
【会場】東京芸術大学大学院映像研究科 横浜・馬車道校舎
    横浜市中区本町4-44
【出席者(予定)】
 原口智生 (映画監督)
 高橋勲 (特撮美術)
 本田吉孝 (編集)
 磯見俊裕 (東京芸術大学大学院映像研究科 教授)
 黒沢清 (東京芸術大学大学院映像研究科 教授)
 長嶌寛幸 (東京芸術大学大学院映像研究科 准教授)
【料金】入場無料
 http://www.fnm.geidai.ac.jp/films/kitanaka2011/?page_id=51


★★≪ 12/17日(土)・18日(日) 北仲スクール応援・学生企画
               「LDSE2011」成果展示@北仲スクール ≫★★

ランドスケープや建築、都市計画は大きく変わろうとしています...。
2011年3月11日に発生した東日本大震災によって、普段から培ってきた人の
つながりが生きる支えとなり、その重要性が再認識されるきっかけとなりました。
震災を転機としてランドスケープを学ぶ学生が何を感じ、考えたのか。
昨年に続いて北仲スクールを拠点に活動して来た「LDSE(Landscape Design
Student Exibition)2011」展示会では、学生が考えた未来=「vision」の提案
を展示します。

【期間】2011年12月17日(土),18日(日)
【時間】17日→13:00~20:00、18日→10:00~20:00
【会場】北仲スクール2階・3階
【料金】無料

【イベント】
 17日:学生討論会[15:00~18:00]
 18日:講評会[13:30~18:00]
【講評会ゲスト】平賀達也、藤原徹平、秋田典子

【詳細】 http://ldse2011.jimdo.com/  【問い合せ】 2011ldse@gmail.com


★★≪ 北仲スクール発「エリアワンセグ」 近日"放送"開始予定!! ≫★★

「北仲スクール・映像ACTプロジェクト」(東海大学/水島久光教授)では、
今年度、携帯電話等の多様な受信器で視聴できる「エリアワンセグ放送実験:
北仲カレッジワンセグ放送局」の準備をしてきましたが、先月遂に実験の予備
免許が交付され、近日中に本格的な放送実験を開始できるはこびとなりました。
この実験は、去る7月24日に地上波TVアナログ放送が終了して生じた電波の
空き帯域="ホワイトスペース"の効果的活用のため総務省が公募した特区事業の
ひとつ。テレビ神奈川(tvk)と共に北仲スクールが、馬車道・関内、野毛、黄金町、
伊勢佐木町など(予定)をフィールドに、人の流れや街の風景をデザインする
新たな地域限定放送波の可能性を考えていきます。
「いよいよ本格開始」を受け、「映像ACTプロジェクト」では現在さらに新しい
メンバーを募集中です。未経験者歓迎。ワークショップ科目としての基本活動日
は火曜日(18:30~)ですが、様々な形での参加をお待ちしています。一緒に新しい
メディアをつくる体験をしませんか?

 お問い合わせ:北仲スクール 映像ACTプロジェクト 兼古・椋本・小河原
 kkaneko@kitanaka-school.net



■2□ LECTURE / WORKSHOP  □■■□□


★★≪ 次回12月12日 都市デザイン系基礎科目「産業イノベーション論」
        つながり・イノベーションを起こす ~創造都市横浜~ ≫★★

都市の持続的発展をめざす創造都市づくりの全体像と、地域資源をつなげ新しい
価値を創造する産業イノベーションについて、具体的な事例から学び、
横浜における創造産業の今後の可能性を探ります。
ゲスト講師を招き、受講者も参加してディスカッションを行ないます。

【担当講師】金子延康(横浜市立大学大学院非常勤講師)
【日時】10月31日~12月19日の期間中、月曜日(7回) 18時30分~21時
【会場】北仲スクール
 http://kitanaka-school.net/news/2011/12/h23-iit-open.html

【スケジュール】

第6回(12月12日)「デザイン・アートで豊かにする」創造都市横浜
ゲスト 中川憲造氏( (株)NDCグラフィックス代表 )
    岡田勉氏 ( 「スパイラル」チーフキュレーター
          /「象の鼻テラス」アートディレクター )

第7回(12月19日)「起業家をつなげ地域を元気にする」創造都市横浜
ゲスト 井手美由樹氏( 中小企業診断士 IDEC女性起業家支援チーム )
    治田友香氏 ( (公財)起業家支援財団事務局長 )


★★≪ 次回12月14日 18:30~ 都市デザイン系基礎科目「都市デザイン論B」
           「都市デザインの新たな可能性について考える」 ≫★★

横浜においては、1971年の都市デザイン担当設置以来、さまざまな都市デザイン
の実践がなされ、歴史、水・緑、市民参加などを都市づくりに取り入れる新たな
試みがなされてきました。近年取り組まれている文化芸術創造都市の取り組みも、
こうした都市デザインの成果の延長線上にあると言えるでしょう。本講義では、
これからの都市デザインのあり方を巡って、若手の都市デザイン研究者を中心に
ゲスト講師を迎えて、ゼミ形式で議論を行っていきます。

【担当講師】 鈴木伸治/横浜市立大学准教授
 http://kitanaka-school.net/news/2011/12/h23-udb-open.html

【スケジュール】

12月 7日 (休講)
12月14日 「米国の中心市街地再生における空間計画」
       ゲスト:遠藤新(工学院大学准教授)
12月21日 (休講)
1月18日 「(仮)メディアを通じた都市の姿」
       ゲスト:水島久光(東海大学教授)
1月25日 「(仮)観光と都市デザイン」
       ゲスト:川原晋(首都大学東京准教授)

【会 場】 北仲スクール3階大教室
【曜 日】 水曜日  【開始時間】 18:30
【申 込】 不 要  【参 加 費】 無料



■3□ KITANAKA TOPICS  □■■□□


★★≪ 山本理顕 横浜国立大学大学院/建築都市スクール"Y-GSA"
      教授退任記念+帰心の会 公開シンポジウム
         「建築をつくることは未来をつくることである」 ≫★★

Y-GSAの校長を2007年の開校より4年間務めた山本理顕が、今年の3月をもって
横浜国立大学の教授を退任いたしました。今年は3月11日の東日本大震災もあり、
一般公開の退任記念の催しを控えておりましたが、この度改めて「帰心の会」と
共催でシンポジウムを開催することといたしました。多くの市民の皆様にも
ご聴講いただければ幸いです。ご来場お待ちしております。

日時:2011年12月22日(木) 16:00ー19:30(開場15:30)
会場:横浜市開港記念会館 講堂(横浜市中区本町1-6)
アクセス:みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口より徒歩1分
 http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/acces.html

第1部「建築の地域性」 16:00ー17:40
伊東豊雄 × 妹島和世 × 山本理顕 × 小嶋一浩

第2部「社会システムと住宅」 17:50ー19:30
隈 研吾 × 内藤 廣 × 山本理顕 × 北山 恒

参加無料、予約不要(当日先着順でのご入場となります。420席)
主催:横浜国立大学大学院/建築都市スクール"Y-GSA"
共催:帰心の会

お問い合わせ:Y-GSAオフィス
 Tel:045-339-4071 E-mail:ygsa@ynu.ac.jp
 http://www.ygsa.ynu.ac.jp


★★≪ 過去のフィルムから日本の忘れ去られた姿をみる
              ─「パテ・ベビー研究プロジェクト」 ≫★★

ワークショップ科目「北仲スクール・映像ACTプロジェクト」
(東海大学/水島久光教授)では、関連する活動の一環として、
「パテ・ベビー(9.5mmフィルム)研究プロジェクト」を行っています。
情報をお寄せ頂ければ幸いです。
 http://pathe.kitanaka-school.net/



■4□ PARTNERS INFORMATION □■■□□


★★≪ 写真展 大森克己「すべては初めて起こる」
                   & 連続トーク企画のお知らせ ≫★★

2010年度後期北仲スクールで、写真ワークショップ&公開講座のメイン講師を
務めた写真家・大森克己さん。東京では4年ぶりとなる大森さんの展覧会が都内
にて開催。桜を追って自宅から東北までを旅した大森さんによる「初めて」の
世界が、見る者の目の前に現れるはずです。ちなみにこの2011年の桜のシリーズ
は、すでに昨年度のワークショップ修了展(@北仲スクール)で一部展示されて
いました。
また年末年始にかけては、展覧会に関連する連続トークが、さまざまなゲストを
招いて行われます。盛りだくさんの企画をぜひお楽しみください。

《展覧会「すべては初めて起こる」》
【期間】12/15~1/29
【場所】POLA MUSEUM ANNEX
東京都中央区銀座 1-7-7 ポーラ銀座ビル 3階 Tel:03-3563-5501
 http://www.pola.co.jp/m-annex/

《関連企画》
以下、大森克己さんのブログで詳細が見られます。
 http://blog.omorikatsumi.com/



■5□ KITANAKA GUIDE □■■□□


★★≪ 公開講座、基礎科目授業、ワークショップの参加方法 ≫★★

北仲スクールで開かれている授業やイベントは、一部の連携大学の正規授業や
特別企画を除き基本的に、無料でご参加いただけます。
(但し、募集期間や締め切りを設けているものもございます)。
詳しくは事務局にお尋ねください。


※このメールニュースは、北仲スクールの活動を通して連絡先を交換させて
いただいた皆様、参加7大学関係、お問い合わせ・資料ご請求をいただいた
皆様にお送りしています。
※このメールニュースは【転送歓迎】です。北仲スクールからの直接の配信を
ご希望の方も info@kitanaka-school.net  までお知らせください。


+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+
※北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)とは
横浜国立大学(代表校)・横浜市立大学・東京藝術大学・神奈川大学・東海大学
・関東学院大学・京都精華大学の 7大学の共同事業によるサテライトスクール。
「横浜文化創造都市スクールを核とした都市デザイン/都市文化の担い手育成
事業」(文部科学省「平成21年度 大学教育充実のための戦略的大学連携支援
プログラム」)の採択をうけ、2010年4月から正規開校。
都市文化創成と都市デザインを二本柱にカリキュラムを構成し、公開講座、
ワークショップ形式の講座などを開く。

※このメールニュース・北仲スクールに関するお問い合わせは
 北仲スクール(横浜文化創造都市スクール)事務局
〒231-0003 神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2
電話 : 045-263-9075 Fax:045-263-9076
E-mail: info@kitanaka-school.net
+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+--+**+