【緊急開催!1/26(木)18時〜20時@北仲スクール】「アーバンアート論B」特別公開授業
「地球と建築2(The Planet Earth and Architecture II)」(ゲスト: 建築家・石上純也)
※終了しました

特別公開授業@北仲スクール

「 地球と建築2(The Planet Earth and Architecture II) 」
(ゲスト:建築家・石上純也)

テーマ:
 第12回ヴェネチア・ビエンナーレ建築展(2010)金獅子賞受賞の《空気のような建築》、あの《雨を建てる》や《地平線をつくる》を豊田市美術館に設置した「建築のあたらしい大きさ」展(2010)、微小なリトルガーデンから気象を内包する建築、さらには惑星規模の構想まで建築の種子を銀座の資生堂ギャラリーに撒いた「建築はどこまで小さく、あるいは、どこまで大きくひりがっていくのだろうか?」展(2010)。 それ以来、持続して石上純也さんが思考・試行していることについて、そして、豊田市での展覧会が終わった2010年12月以降に、行ってきたこと、経験してきたこと、考えてきたこと、今、欲していることについて。《雨を建てる》論(「建築の変異体―エコロジカル・アンフラマンス(生態学的極薄)」、10+1 web site, 2010.12)を書いた榑沼範久がインタビュー的対談を行います。


ゲスト講師:石上純也(建築家)
担当講師:榑沼範久(横浜国立大学准教授)


2012/1/26(木)開始時間:18時〜20時
場所:北仲スクール 3F 大教室
みなとみらい線「馬車道駅」2番出口すぐ(北仲BRICK 3階)


※この講演(公開授業)は、当日どなたでも入場無料・予約不要にて聴講可能です。