【2/12(日)・北仲スクール協力イベント@日野市】
「糸で紡ぐ地域の再生」─蚕糸試験場日野桑園第1蚕室の評価と再生の可能性を考える─
※終了しました

明治時代、開港を機に全国で養蚕、生糸、絹製品の生産が盛んとなり、日本の 輸出産業を大きく成長させました。北仲スクールも当時の生糸産業を支える機関の一つ「生糸検査所」だった建物にあり、生糸や養蚕に関係する機関は全国にあります。今回は、東京の日野に残る蚕糸試験場を舞台に横浜と日野の新たなつながり、そして日野のまちをさぐります。

【HomePage】http://itode-tumugu-tikinosaisei.jimdo.com/

【主催】桑ハウス再生フォーラム実行委員会
【協力】北仲スクール、法政大学エコ地域デザイン研究所、
    一般社団法人横浜歴史資産調査会、日野市、他
【ゲスト】米山淳一(一般社団法人横浜歴史資産調査会)

【日時】2012年2月12日(日)14:00~ ※見学会11:00~
【会場】日野市中央福祉センター
【問合】糸で紡ぐ地域の再生フォーラム事務局
【twitter】http://twitter.com/HinoSanshi
【mail】Hino_project_Sanshi@yahoo.co.jp